年代別に美容液を選ぶ際はどのようなことをポイントにしたらいいのでしょうか?

美容液は肌質や抱えているトラブルだけでなく年齢も考慮したうえで適切なものを選んでいく必要があります。年齢を重ねるにつれて肌環境は変化し、老化の影響があらわれていきます。若いころと同じ美容液でケアを行っていると刺激や負担によって肌に悪影響を及ぼしてしまう恐れも出てくるのです。

 

「まだ若いから大丈夫」と油断して20代のころと同じ美容液を使い続けていることで肌環境の悪化がひそかに進行している可能性もあります。

30前半は20代よりも低刺激で保湿効果を重視して選ぶこと

年代別の美容液

こうした年齢にあわせた美容液選びは30代がひとつのターニングポイントとなります。この頃から老化がはじまるため、年齢を意識した製品選びが求められます。

 

30代前半の段階では老化はまだそれほど進んでいないため、ポイントとしては20代に使っていた製品よりも低刺激のものを選ぶこと、そして保湿効果を重視することの2点となります。

 

老化はまず角質層に含まれる保湿成分の減少からはじまることが多いため、バリア機能の低下にあわせてスキンケアによる刺激を避け、減少した分を補うことがエイジングケアの第一歩となるからです。

 

とくに20代の頃は防腐剤や合成香料・着色料といった添加物が使用された美容液を使っていることが多いのでこの点に関する意識改革が必要です。

30代後半は抗酸化対策を取り入れ老化の原因を防ぐ美容液を・・

美容液の選び方

老化は30代後半から本格的に進んでいきますから、この時点でもういちど美容液を見直す必要が出てきます。

 

この時点で老化を防ぐ抗酸化対策を取り入れていくことが重要になってきます。老化の原因となる活性酸素がこの時期から増加するようになって老化が加速していくため、ビタミンC誘導体、コエンザイムQ10、アスタキサンチンといった抗酸化成分でそれを防ぐケアが求められます。

 

30代後半から40歳の段階でこの抗酸化対策をどれだけしっかり行っていたかによって40代以降になってからの肌環境に大きな差が出てくるといわれるだけに相応しい美容液を選んでいきたいところです。

 

40代以降になるとシミやしわ、たるみといった加齢によるトラブルが表面にあらわれるようになっていきます。そのためこれまで予防がメインだったエイジングケアからトラブルを改善するためのケアへと重点が移っていきます。そのためどんなトラブルを抱えているのか、自分の肌環境を踏まえた上で適切な美容液を選んでいくことになります。

 

シミが気になる場合には美白美容液、しわが気になる場合にはターンオーバーの活性化や肌のハリを改善できる美容液など、トラブル別に効果が期待できる製品を使用するわけです。そのため自分の肌をどれだけ客観的に、性格に判断できるか、そして世間の評価に惑わされず自分にとって本当に役立つ美容液を見極められるかどうかが問われます。
コスメルジュ編集部おすすめのPOLAの美容液>>

1度は使ってみたいPOLAの人気美容液

POLA リンクルショット メディカル セラム

POLA リンクルショット メディカル セラム

※ベストコスメ45冠!日本初のシワを改善する話題の薬用美容液がオンライン発売開始
14,580円・税込
更に詳しく見てみる!>>

B.A セラム プリズルミナ

B.A セラム プリズルミナ

くすみを取るだけでなく自ら艶やかに光を放つ肌にするポーラの新美容液
21,600・税込
更に詳しく見てみる!>>

ホワイトショット SXS

ピンポイント美白!頑固なシミを集中的に狙いじっくり効かせるシミ美容液
ジュニアサイズ7,2020円・税込
更に詳しく見てみる!>>

B.A セラム レブアップ

B.A セラム レブアップ

保湿だけでは消えないほうれい線に!ポーラ最高ブランドB.Aの30代からの美容液
40ml14,580円・税込
更に詳しく見てみる!>>

ポーラお試し