美白ケアに効果的な美容液選びのポイントとはなんでしょうか?

年齢を重ねると日々のスキンケアに美白ケアを取り入れる必要も出てきます。とくに30代後半ころからシミ・くすみが目立つようになるため予防の意味もこめて早めに対策を行っていくことが重要になってきます。

シミの予防にはアルブチンやトラネキサム酸配合の美白化粧品

美白美容液の選び方

そんな美白ケアといえば美白美容液です。現在では化粧水やクリームなどさまざまなアイテムで美白ケアを行えるようになりましたが、それでも主役は美容液、これでどれだけ効果を発揮することができるかによってシミ・くすみ対策が決まるといっても過言ではありません。

 

こうした美白ケアのポイントを踏まえたうえで効果的な美容液を選んでいくにはまず美白化粧品の基本を知っておくことが大事です。美白化粧品には大きく分けると2つのタイプがあるため、どちらを選ぶかによって効果が違ってくる上に肌の状態によって向き・不向きの違いも出てくるのです。

 

ひとつめのタイプは予防効果をメインにしたもので、シミ・くすみの原因となるメラニン色素の生成を抑制する効果が期待できます。紫外線やスキンケアによって肌に刺激が加わるとメラニン色素が増加し、それが沈着を起こすことでシミ・くすみになります。

 

ですからこのメラニン色素の生成をブロックすることで防ごうというわけです。そのため基本的にシミの予防がメインですでにできてしまったシミを薄くする効果には限界があります。アルブチンやトラネキサム酸といった美白成分が配合された製品がこのタイプに分類されます。

すでにできてしまったシミにはハイドロキノンやビタミンC誘導体の美白美容液

美容液の選び方

もうひとつのタイプは予防効果に加えて沈着を起こしてしまったメラニン色素を薄める還元作用を備えているタイプです。できてしまったシミに対する美白ケアではこちらのタイプの方が適しています。

 

ただし、この還元作用を備えている美白成分はハイドロキノンとビタミンC誘導体の2種類と限られているうえに前者は肌への刺激が強く不用意に使用すると肌荒れなどのトラブルを起こしてしまう恐れがあります。あくまで自分の肌に無理なく使用できるかどうかを確認したうえで使用していく必要があるのです。

 

予防効果がメインの美容液でもターンオーバーを活性化させる美容成分を一緒に配合することでできてしまったシミを改善する効果を目指したものもあります。

 

ですから美白成分だけにとらわれず一緒に配合されている他の美容成分の効果や相性なども考慮して選んでいくことも大事です。効果が高ければ高いほど肌への負担が大きい部分が美白化粧品にはあるため、あくまで無理なく使用できる点を前提に賢く選んで使っていきましょう。
コスメルジュ編集部おすすめのPOLAの美容液>>

1度は使ってみたいPOLAの人気美容液

POLA リンクルショット メディカル セラム

POLA リンクルショット メディカル セラム

※ベストコスメ45冠!日本初のシワを改善する話題の薬用美容液がオンライン発売開始
14,850円・税込
更に詳しく見てみる!>>

B.A セラム プリズルミナ

B.A セラム プリズルミナ

くすみを取るだけでなく自ら艶やかに光を放つ肌にするポーラの新美容液
22,100円・税込
更に詳しく見てみる!>>

ホワイトショット SXS

ピンポイント美白!頑固なシミを集中的に狙いじっくり効かせるシミ美容液
13,200円・税込
更に詳しく見てみる!>>

B.A セラム レブアップ

B.A セラム レブアップ

保湿だけでは消えないほうれい線に!ポーラ最高ブランドB.Aの30代からの美容液
40ml14,850円・税込
更に詳しく見てみる!>>

ポーラお試し